どのくらいの症状で学校は休ませるか。

朝起きたら小学生の子供がお腹が痛いと言い出しました。

お腹を壊していたりものすごく痛い訳ではないみたいで一安心。

昔なら「お腹も壊していないし熱も出ていないから学校は行っておいで。途中で体調が悪くなったら先生に言うのよ。」って言われてたと思うんですけどこの時期だし学校に行かせて良いものかと。

最近の学校や周りの雰囲気からすると「疑わしいなら休ませる」という傾向にありますよね。

遠足や学校外に行く時などは「無理をして登校して辛い思いをしないように各家庭で判断しましょう」とお話があったりします。

昔は「とりあえず頑張って行ってみましょう。」だったかなあ。

昔は体調が悪いと親に訴えると体温計を渡されて熱が無ければ行かされたし学校もそう簡単には保健室や早退なんてさせてもらえませんでしたよね。

今は、速攻で電話が掛かってきます。

中学生になると今度は受験のためにあまり欠席する事のないようにと指導されるのですが、やっぱり問題を恐れてか、何かあるとすぐに電話が掛かってきます。

「部活中に足を傷めたみたいなんですが迎えに来てください。」と。もうよっぽどの事やなと思って迎えに行ったら子供は「大丈夫って言ったんだけど。」と照れてました。

車で行ったけど全然大丈夫そうだったので自転車で帰らせました。

学校の先生も色々大変でしょうが親は連絡があると心臓が締め付けられる思いなのに、ちょっと連絡してくるレベルが軽いなあ。

元彼から連絡が来た今日このごろ

7月7日にわたしは今の彼氏にプロポーズをされて婚約が決まりました。

とてもめでたい事で、友達・先輩・後輩、もちろん両親も喜んでくれました。

そんな中、今日7月16日まで気が付かなかったのですが、フェイスブックのメッセージ欄から

元カレから一通連絡が来ていました。その言葉は「おめでとう!」の一言です。

わたしにとっても元カレは今までで一番愛した人です。

3年半付き合ってすれ違いが原因で別れがきましたが、当時元カレは別れた事を後悔していたそうです。

そんな、最愛の元カレからのたった一言で嬉し涙が流れました。

わたしの返信は、あえて「ありがとう!」の一言だけにしました。

お互い口下手であんまり感情を表に出せませんが、この一言で彼へのありがとう以上の気持ちは伝わっていると思います。