自分の事を知ることの大切さ

自分の事を知ると幸せになるよ。最近そういわれて色々と考え込むことがあります。そもそも人は皆幸せになりたいはずなのに、幸せだと心の底から感じている人は少ないんじゃないかなと思うのです。なぜ幸せを感じにくいのか。簡単に言うと自分自身を知ろうとしないからではないかと思うのです。

自分を知るとはなにか。それは、自分の感情を知るということです。自分がどんな時にどんな感情がでやすいのか、もちやすいのかをよくよくわかっていくと、自分の感情や感覚に素直になれて、より自分自身を知ることができるのです。自分の中にどんな感情があってもいいのです。

まずは感情を見ることをしていくとより自分を知ることができます。一時期はやった「自分探しの旅」という言葉がありますが、旅をしなくても自分の感情を探るだけで自分探しが簡単にできてしまうのです。自分探しの旅として海外に一人旅をするというのもお金と時間に余裕があればやってみる価値はあると思いますが、お金と時間に余裕がない場合は感情を感じるだけでできてしまうのです。

簡単にできると書きましたが、簡単でないこともあるかもしれません。それは自分が負の感情をたくさん持っていてそれを見たくないと思っている場合は簡単ではないかもしれません。そんな時は「今は見たくないんだな」と自分を労わることも大切です。無理をしないで少しずつ自分に優しく感情を見ていく、こんなことの積み重ねが自分自身を知ることに繋がっていくんだと私は思います。