やはり慢性疲労や睡眠不足が原因に

最近、耳鳴りがするので原因は何かと思っていると、やはり慢性疲労や睡眠不足が原因にあげることができるらしいです。

食事で耳鳴りを改善したい思いは強いですが、でも何を摂ると有効なのでしょうか?

食事による栄養の偏り、これが健康を阻害するひとつの原因になっていることは確かみたいです。以前と比べて摂っていない食品などはと考えてみると、2、3あることに気がつきます。

疲れていてじっとしているときなどに、ジーンジーンといったことや、少し前には、コオロギの鳴き声などが遠くで聞こえていたような気がします。耳鳴りの治療のために食べる食品には黒豆やゴマなどが挙げられているみたいです。

そういえば以前は栄養のためにとあれだけ毎日食べていたゴマをあまりとっていないことに気がつきます。ビタミンEを多く含む食品はゴマですよね。

黒豆には血管を広げて血流をよくするためのリノール酸や、脂肪の吸収を抑えるシアニジンが配合されています。ゴマは老化を予防するセサミンも含まれているので毎日食べることで老化を予防してくれます。それともう一つ大事なことではビタミンB12で、神経線維を守る物質を作る栄養素です。

この栄養素が不足すると内耳の機能が低下し、耳鳴りといった不快な症状が現れやすくなるそうです。また、血流が悪くなることで脳や器官には十分に血液が行きわたらなくなるそうです。血流を食事内容で改善していくことはとても大切なことなのです。