大掃除と昔の思いでと

大掃除をするときのコツは最初に物を捨てることらしい。結局のところ、物があるから空間が狭まり汚く見えるのだと。あまり風水の方には詳しくないが物がたくさんあるのは風水的にもよくないようだ。

いい加減片付けかければと考えていたので晴れた休みの日、掃除をすることに決めた。やると思ったときにやらなければ、一生やることができないのが掃除である。少なくとも私にとっては。

まずは断捨離をしようかとタンスを引き出し、机の中を漁る。タンスの方はあまり時間をかけずにすんだ。ときめくもの、ときめかないもの。このまま一気に終わらせてしまおうと机の引き出しに手をかける。

中を見れば、いったいいつの書類だ、プリントだというものがどっさり。見ないから中々捨てられなかったのだと納得しつつ、ファイルの中にあったメモ紙に目をとめる。

恐らく思春期真っ只中に書いたであろう詩の数々。十年もそのままだったことに感心すればいいのか呆れればいいのか。

十年前の自分の言葉。見返すと結果恥ずかしいものだ。ああ、これがいわゆる黒歴史というものかと。

しかし、思春期の頃のものをみれば自分がいかに純粋だったか。今はいかにネジ曲がったのかよくわかる気がする。回想する姿はもっとひねくれていたように思えたが、案外とそうでもなかったらしい。