休日は日頃できないことをゆっくりとしよう

毎日のように残業がある平日は、たいていコンビニのご飯か、スーパーの閉店間際の見切り品。

疲れきった体で、夕飯を作ることなんて到底考えられない。それもこれも自由な独身ひとり暮らしだからできていることなのかもしれない。

でも、そのかわり休日はゆったりと自分の時間を過ごすように心がけている。

朝、めざましをかけることなく起きて、ゆっくりとテレビなんtかをみながら朝食をほおばり、そのあと洗濯物。

天気がよければ最高に気持ちがいい。

午後からは近所のスーパーに買い物にいって買い出し。

そのあとは、お弁当用の作り置きおかずを作ったり。なんだかんだであっという間に過ぎてしまう休日の1日だけれど

仕事から開放されるその日はすごく充実したものになる。

そしてそこで充電してまた仕事を頑張ろう、と思えるようになるのだ。