楽天銀行カードローンの審査が甘いと言われる理由

銀行カードローン会社って何処も審査が厳しいですよね。でもネットの噂では、楽天銀行カードローンは審査が甘いとと言われます。この噂はあながち間違いでは無いかもしれません。楽天銀行カードローンの審査が甘いと言われる根拠について説明します。

1.多くの銀行系カードローンは保証会社と顧客争奪戦でバッティングする

銀行カードローンは保証会社をつける事になっています。例えばモビットに申込むと、プロミスが保証会社になります。もし仮に、信用状態が厳しい人がモビットに申込んで来たら、保証会社であるプロミスはどの様な審査結果をだすでしょうか。審査を落としたら、自社の所に流れてきて直接貸せるんでは無いかと考えたりするでしょう。加えて審査に通しても少ない保証料しか得られないので、何かと理由をつけて審査落ちさせた方がいいと思うでしょう。この様に多くの銀行系カードローンは保証会社と顧客がバッティングしており、審査が厳しくなりがちです。

2.楽天銀行カードローンの保証会社は楽天カード

楽天銀行カードローンは同じ楽天グループの楽天カードが保証会社になっており、顧客がバッティングしていません。更に両社は楽天グループの100%会社ですので、片方の儲けは両社はの儲けとなり、実質消費者金融と同様の企業形態になっている為、その分審査が甘くなると予想されます。

いかがでしたか。銀行系カードローンの審査落ちしたら、楽天銀行カードローンを検討してみてください。

ここの記事もかなり参考になります。
あと、ちょっと足りない、、、そんなときに読むといいです。

自己防衛はある程度行うことが必要

室内であっても気温が高くなってしまうことがあります。

オフィスであれば、パソコンなどを使っているのでどんどん上昇します。

エアコンを使っていると思いますが、中には全く動かない仕事ということで冷房が寒く感じるという人もいます。

外から帰ってきたときにエアコンを切った室内に入ったらどうでしょうか。

きっと暑いと感じるでしょう。

自分が冷房病だと言い張る前に自己防衛をすることも必要だと思います。

薄着でそんなことを言われても説得力がありません。

上に1枚羽織るだけでもかなり違ってくるのに、それも行わずにオフィスの中の冷房をすべて切ってしまう人がいるので、とても困っています。

自分だけが快適な温度でいればいい、というわけではないのです。