金融関係の講座に参加しました!

昨日はお仕事帰りに、「ファイナンスにおけるイノベーションと戦略の融合」という講座に参加してきました。難しいタイトルですが…。

私は、勉強不足で…、デザイン思考やら、戦略論やらの話をサラッと聞いた上で、頭のいい人達の空中戦についていくのがやっとでした。

人間や社会、技術どこからアプローチするべきか。

今の時代は人のニーズ以上に技術が進んでしまってる側面もあり、全体的にシーズ発信も多く見えるのではという指摘も。

言われてみてそうだなと思ったのは、特に金融機関は情報の非対称性をネタに飯を食べてきたと。

もちろん、テクノロジーによって部分部分剥がされてはいるのだが、自分たちの投信というか、あえて資産運用全体といいたいが、情報の非対称性を極力解消した上で信頼感を得て、皆様からお金を預かれるような世界になってこそ、新しい展開に向かっていけるのではないだろうか?

金融技術の発達により、お客さんとの距離を遠ざけるような事をしてはいけない。

差別化や新しさが、マニアックになってはいけないと思いました。

悩んでる事とかの一部に少し答えみたいなのが見えてきた気もしまして、やはり考えた上で本や講演、議論などでトコロテン的に押し出すやり方は自分にはまってるようです。

勉強になったことも多かったので、参加してよかったなと思いました(^^)