転職サイトをみてドキッとしたことと、願うこと

遅刻する・到着が早過ぎ

あいさつができない・声が小さい

においを発している

服装がルーズ・清潔感がない

なんか挙動不審

言葉遣いが粗い・話し方にクセがある

人の話を聞かない

ある転職サイトの面接に行く前から失敗する人の例です。これを見た時、自分が就職できない理由がわかった。それは、面接官はここを見ていたということです。失敗しないためには極端な言い方をすれば、これの逆をすればいいということになる。「わかっている」と思っていても、すぐには行動や姿勢を改めることは本当に難しいものです。その行動が自分のチャンスを潰していることも。

これから就職をする人たちは自分のような奴にはなってほしくない。もっと人生を楽しくするために早い内に行動をすこしづつでいいから直していくことは、自分のスキルや社会性を伸ばすためには必要なことなのだと早く気づいてほしいと私はそう願っています。

自分のような失敗を繰り返せば、社会から孤立するだけでなく、「信用」を失っていくということ。何より、自分は「子供より精神年齢が低い」ということアピールしていることにすぎないということを今一度、振り返ってほしいと思う。以外と行動や考え方を変えると今までと違う人生を切り開くことになるかもしれない。「就職ができない」という暗くなっている人たちは、考え方や姿勢を変えることによって未来を切り開いてほしいと私はそう願っています。