予想はしていたものの…(凹)

今日は息子の合格発表の日でした。この1週間は受験生でないのに、もう緊張でキリキリと胃が痛くなったりして、スケジュール帳の書き込みもスルーしたり、キャンセルしたり、親もダメージ受けるんだなと改めて思いました。

私の時、今から30年前は合格発表日に大学まで行き、番号を見たけど、今は電話とネットで確認できる。昨日の夕べから布団に入っても、ずっとこの時を待っている感じ。当の息子も緊張しているのか、何となく落ち着きがない感じ。

とうとう朝になり、9時15分にアクセスしました。ああ(涙)みごと撃沈。不合格。補欠にもなかったうちの息子の番号。本人も今回の受験は、少し手応えがあったらしく、ちょっとだけ期待していたと思う。目指している大学が、かなり高い大学なので、現役では無理だろうなと予想はしていたものの、親の私も凹みました。

私の周りも、何となく納得いく大学に進学している人は浪人している。息子にも、人生はたった1度きり。できれば「入学してよかった」と思える大学に入ってほしいのが願いで。しかし今日から1年間の浪人生活を思うと、不安がよぎります。やるしかない!と思うけど。不安が顔を出します。本人の頑張りしかない。