転職サイトをみてドキッとしたことと、願うこと

遅刻する・到着が早過ぎ

あいさつができない・声が小さい

においを発している

服装がルーズ・清潔感がない

なんか挙動不審

言葉遣いが粗い・話し方にクセがある

人の話を聞かない

ある転職サイトの面接に行く前から失敗する人の例です。これを見た時、自分が就職できない理由がわかった。それは、面接官はここを見ていたということです。失敗しないためには極端な言い方をすれば、これの逆をすればいいということになる。「わかっている」と思っていても、すぐには行動や姿勢を改めることは本当に難しいものです。その行動が自分のチャンスを潰していることも。

これから就職をする人たちは自分のような奴にはなってほしくない。もっと人生を楽しくするために早い内に行動をすこしづつでいいから直していくことは、自分のスキルや社会性を伸ばすためには必要なことなのだと早く気づいてほしいと私はそう願っています。

自分のような失敗を繰り返せば、社会から孤立するだけでなく、「信用」を失っていくということ。何より、自分は「子供より精神年齢が低い」ということアピールしていることにすぎないということを今一度、振り返ってほしいと思う。以外と行動や考え方を変えると今までと違う人生を切り開くことになるかもしれない。「就職ができない」という暗くなっている人たちは、考え方や姿勢を変えることによって未来を切り開いてほしいと私はそう願っています。

最近の私の生活の変化について

私は20歳のときに精神疾患を発症して、お医者さんから残遺性分裂症と診断され、その病気を隠しながら働いて、その後その病気の症状も落ち着き統合失調症と幾分症状は和らいだのですが、一緒に働いていた母親が肺がんと診断され、その病気のことで私の病気も悪くなったため生活保護を受け生活をすることになりました。

そして、1年半前に母親は死去し、自分はもう1度働くために福祉作業所へ通いながら、職業訓練をしています。

母が死んでから8日後に区役所の人から「なんでも話そう会に出席して気を晴らしたら?」ということを言われ、周りからは「引きこもりになる」と噂で言われていたので行ってみることにしました。

私は今までの人生や仕事で苦労した事、過去の人生の思いのたけを正直に言ってみました。

その時気がパーと開け、母親という心の支えを失ったとしても生きていけるような気がしました。

そして、1ヶ月に1度のその会に出席することが楽しみになり私は会の活動自体にも関わるようになりました。

そして、1年が過ぎた頃その区役所の人から「県と市の仕事をやってみない。」と言われ、経験もなかったものですから迷いましたが引き受けることにしました。

そして、正式に仕事が始まり私の生活は一変しました。とても忙しくなったのです。

しかし、その区役所の人がどこかへ異動することになりました。

私はとても寂しくてそのことを言いましたが、その人は「もう大丈夫。目標に向かって頑張ってね。」と言われ、会ってから後、家でなきました。

私はその人の期待に背かないよう、教わったことを使って、就職できるよう頑張っていきたいと思います。

最近はお弁当を持っていっています

最近お弁当を作ってもっていくようになりました。まず私はお昼はがっつり食べたいタイプなのでコンビニで満足できる量を購入しようとすると1000円くらい軽く超えてしますのです。つまり1000円×5日=5000円…お昼代金しかもコンビニに5千円/週はもったいないなというのが一つです。

もう一つの理由は会社で頼むことができる安いお弁当があるのですがそれがあまり美味しくないんです。午後頑張るためにもせめてお昼くらい美味しいものを食べたい、自分で作っているのでそこまで美味しいいかは別として好きなものを食べたいなと思ったので作っていくようになりました。

まずできるだけ夕飯の時に一緒に作るようにしています。月曜日に1週間分の総菜(ほうれん草のお浸しやきんぴら人参、油揚げの卵包みなど)を作り、その日のおかずのメインを1つ、2つ残してお弁当にしています。疲れて夕飯が手抜きになってしまった際には冷凍食品をフルに活用します。近くのスーパーで1週間一度半額になる日があるのでその日を狙って買いだめしています。

お弁当を作るようになるといろいろ小物やアイテムも欲しくなってしまいますね。

新しい期になったのでお弁当を新しくしようかなと今考えている所です。

マツコさんが好き

マツコ・デラックスが好きです。どの曜日もたいていテレビに出てくれている現状が当たり前になり過ぎていて、もしこれからその機会が減ったらと思うと、今をもっとありがたがろうとすら思います。

初めて見たのは「5時に夢中!」。約10年前ですかね、実家にいる時は全然テレビを見てなかったけど、結婚してMXをよく見るようになり、巡り合いました。「5時に夢中!」はとても魅力的な番組で(私にとって)、その頃から出演者が多少入れ替わっていますが、今もマツコさんの出る月曜日は録画で見続けています。(あと志摩子さんの木曜日も。両曜日は不動の布陣ですな。ほかの曜日は、、爆)

「夜の巷を徘徊する」も、深夜なのでリアルタイムで見ることができず、録画視聴です。当初よりも「夜」の雰囲気が減った感はありますが、まあそれはそれで。この番組は主人と晩酌する際に一緒に見る番組です。

深夜と言えば、これも結構前ですが、「マツコの部屋」。これも好きだったなあ。ディレクターだかプロデューサーだかが、やさぐれ感のあるちょいイケメンでタイプでした(笑)。

「あ、今日21時からマツコさんだ」だの「マツコさんビデオとらなきゃ」だの言ってるので、娘(5歳)は「お母さん、マツコさん好きだよね。マツコさんていつも夜テレビ出てるんだよね」とニコニコ見守ってくれていますとさ。

コンビニで目に入った本を読んだ感想です

どなたでもコンビニを利用する時代となりましたが、本や雑誌を置いてありますよね。

私の興味を持ったタイトルの本がありました。

「リーダーになったら最初に読むプロジェクトを成功させる技術!」という本です。

パラパラっと立ち読みした後に1000円で購入しました。

それを読んだ感想を書かせて頂きます。

「やったことがないことを計画・実行して期限までに終わらせる」意味である

プロジェクトは、要するにランサーズをやっている私に大切な知識です。

やったことのない不確実性のあるプロジェクトは最初はどなたでも不安や緊張、

そして反対に私自身がリーダーとなって新たなものを生み出すという期待があります。

何もないところから経験や知識、プロジェクトメンバーとのチームワークで

あらゆるモノ・サービスを生み出しヒトに満足してもらえることに魅力を感じました。

そこには当然、利益であるカネも代価として発生しますから、成し遂げることで

達成感があります。

しかし時間軸で言えば、プロジェクトは最初の計画を立てることが一番難しいと

書いてありました。プロジェクトの完了に近づくに連れて時間軸で見れば、

不確実性は急速に小さくなっていきます。

それは「わからないこと」が完了に近づくに連れて減っていくからです。

最初の一歩が肝心と言いますが、私はこの本を読んでそれを今まで以上に納得しました。

チームワークや顧客の気持ちについても触れていましたが、その通りだと思いました。

なぜなら苦手なメンバーとも上手く付き合う必要がありますし、顧客の気持ちを理解する、

もしくは理解しようとする努力をすることでプロジェクトは達成に繋がると思ったからです。

コンビニという身近なお店でこの本を購入して読み終えて満足しました。

興味を持った方には是非読んでほしいかな、と思いました。

それでは失礼致します。

注)この本の宣伝ではありませんのでご了承ください。

大掃除と昔の思いでと

大掃除をするときのコツは最初に物を捨てることらしい。結局のところ、物があるから空間が狭まり汚く見えるのだと。あまり風水の方には詳しくないが物がたくさんあるのは風水的にもよくないようだ。

いい加減片付けかければと考えていたので晴れた休みの日、掃除をすることに決めた。やると思ったときにやらなければ、一生やることができないのが掃除である。少なくとも私にとっては。

まずは断捨離をしようかとタンスを引き出し、机の中を漁る。タンスの方はあまり時間をかけずにすんだ。ときめくもの、ときめかないもの。このまま一気に終わらせてしまおうと机の引き出しに手をかける。

中を見れば、いったいいつの書類だ、プリントだというものがどっさり。見ないから中々捨てられなかったのだと納得しつつ、ファイルの中にあったメモ紙に目をとめる。

恐らく思春期真っ只中に書いたであろう詩の数々。十年もそのままだったことに感心すればいいのか呆れればいいのか。

十年前の自分の言葉。見返すと結果恥ずかしいものだ。ああ、これがいわゆる黒歴史というものかと。

しかし、思春期の頃のものをみれば自分がいかに純粋だったか。今はいかにネジ曲がったのかよくわかる気がする。回想する姿はもっとひねくれていたように思えたが、案外とそうでもなかったらしい。

彼氏と長?く夜中まで話しました

絶賛モラトリアム中の彼氏がおりまして、昨日は夜中まで電話をしてしまいました。彼氏が別れたいみたいな話になったのですが結局のところ些細なるすれ違いといったところでしょうかね。まぁ、長く喋ってとりあえず別れるみたいなことにはならずに済みました。

なんというか、彼にとっては私の生活設計的なのがストレスみたいなところがあったみたいです。まぁ年齢的に若いというか見込みが浅い的な方が悪いとは思うんですけどね。まぁ腹が立つこととかも色々あって、自由にしているこっちが悪いみたいな話にもなるし、それならもういいかな?みたいな気持ちにもなったのですが、まだやり直せる部分はあるかって思ってひとまず踏みとどまったところです。

でも、それなりの年齢だし、やっぱりちゃんと結婚を考えてくれるような人と一緒になるのがいいのかな?って思いますから、少し恋愛については考えようって思っています。話をしていていろんな齟齬とかもわかってきたのでそれも収穫でした。いきなりお見合いってわけにはいかないかもですが、出会いを求めてみたりとかっていうのもアリなのかな?なんて考えてしまう昨今です。どんな方法があるのかな?とか探してみようと思ったりしています。

サラリーマンのブログは楽しい!

日々サラリーマンをしていると朝に会社に行き、頑張って仕事をこなし業務が終了になると自宅に帰り、疲れて寝る。そんな毎日を送っている方が多いのではないでしょうか?

毎日忙しくて趣味に没頭することも出来ない。そんな方にオススメなのが、「ブログ」です!

ブログはいいですよ!

日記形式に1日あったことを綴ってみたり、購入したものを紹介するレビュー記事を執筆したりと好きなことを書けるブログ。

ブログを毎日執筆していると最初は反応が無いですが、徐々に読者の方からの反応もありどんどんモチベーションが上がっていきます!

閲覧数が上がってくると、GoogleAdsenseといった広告サービス(アフィリエイト)でちょっとしたお小遣いだって稼げちゃうかも!

ブログを書いているとだんだん楽しくなってきて、「あのサービスのことを書こう!」とか「これはみんなに知っといて欲しいな」と記事に対しての欲も深まっていきます

それにより自分自身の知識も高まっていくのです。

サラリーマンにブログをおすすめするワケが他にもあります。毎日サラリーマンとして業務をしているのでその中から、ブログに出来るようなネタを見つける事ができるのです。

サラリーマンで毎日毎日同じ仕事をしている方も少ないでしょうから今まで当たり前だったことが他人にとっては新鮮だったりします。そこから読者の同意や共感を得ると、またひとつブログが楽しくなっていくのです。