ワンちゃんとの生活

先日何気にテレビを見たら、ソファーに座っている赤ちゃんの前にワンちゃんが座ってました。

その次に映ったのは、赤ちゃんがワンちゃんの背中にもたれてスヤスヤと眠り始めました。

これが日課らしいです、不思議~なぜこんな行動ができるのか…

「かわいい!」なんとも言えない光景に見ている私の心がホンワカとしてきて、凄く癒されました~。

うちのミニチュアダックスのレイちゃんはこのような母性本能はどうかなぁって感じですが、家族の一員として「優しい暖かさ」を感じられるワンちゃんです。

息子たちの心の痛みを感じているのか、学校で何かあった時に「そっと寄り添い身体を舐めたりしています」

ワンちゃんを通じて子供の心に気付く事もしばしばあります。

そんなレイちゃんですが、レイちゃんの中では決まりごとがあり、朝、子供を送っていく時に一緒に車に乗ることと、夕食時にドッグフードにささみのお肉少しを混ぜてあげること!野菜が大好きでまな板で「トントン」と音がしたら飛んできます。

これが日々の楽しみになっていて、朝行くときはリビングから玄関までを弾むように走ります。大きなたれ耳がフワフワと揺れて「楽しみにしているんだなぁ」

全身で喜びを表しているのが凄く可愛くて可愛くてたまりません笑

夕食は時間をきっちりと決めていないので、私が「ご飯食べる?」の言葉で反応します。

眠っていても「シャキッ!」「うんうん、いるー」って言っている様な。

喜怒哀楽のハッキリしているワンちゃん、ストレートな反応に癒され、毎日過ごしていると人間と同じになってきます。動物ではない家族なんですね。

職場近くの公園でウメが咲きだした

今日、私は昼休みに職場近くの公園を散歩してきました。2月も中旬になってきていますのでウメが咲きだしたのを確認するため歩いていました。その公園内の紅梅が咲きだしたのを見つけました。寒い日が続いていましたが、ウメは咲きだしました。植物は寒暖の差より日の長さによって咲きだすのを聞いたことがあります。ウメが咲きだしたのも、日が長くなってきているためなのでしょう。

2,3日前の地方新聞にロウバイが咲きだしたとの記事が載っていました。立春も過ぎて真冬並みの寒さが続いていますが、着実に春になっているようです。この寒さも今日まで明日から3月上旬の暖かさになる天気予報で言っていました。なお来週から寒暖を繰り返して次第に暖かくなってくるとも言っていました。また寒さが続いているのにもかかわらずスギ花粉が飛び回っているとのことです。暖かくなるとその量が増えるとも言っていました。

天気予報でサクラの開花予想を言っていました。ほとんどの地方が平年並みとのことです。寒い日が続いていますがサクラの開花のスイッチが入ったため平年並みになるのではとも言っていました。

寒い日が続いていましたがこんなことからも春は近づいていることを感じています

テニスの全豪オープン男子決勝。

テニスの全豪オープン男子決勝はスイスのロジャー・フェデラーがクロアチアのマリン・チリッチとの死闘を制して優勝。全豪オープン連覇で通算6回目の優勝、グランドスラム大会は前人未踏の20度目の優勝を果たしました。試合は壮絶な打ち合いとなり第1セットはフェデラーが取りましたが、第2セットはチリッチが奪い以後は交互にセットを取り合う一進一退の攻防が続きました。

双方にサーブ力があり、フェデラーはビッグサーブから速い展開でポイントを取りに行き自らのスタイルを貫くプレイスタイルを行ったのに対しチリッチは逆にフェデラーのバッグハンドを狙ってショットを行い長いラリーに持ち込もうと相手の得意なフォアハンドを徹底して封じる展開に持ち込みました。

勝負はフルセットまでもつれ最初にチリッチがサービスブレイクのチャンスが来ましたが、フェデラーが凌ぎ、その次のゲームで微妙な心理が影響したかダブルフォルトを2度犯してしまいブレイクされてしまいました。フェデラーここ一番で見せる集中力は見事でした。

ここからフェデラーが一気に加速して最終セットはチリッチを圧倒して優勝を手にしました。現在36歳のフェデラーですが、多少衰えながらも抜群の調整力で4大大会に勝ち続けています。真のアスリートといえるでしょう。

どのくらいの症状で学校は休ませるか。

朝起きたら小学生の子供がお腹が痛いと言い出しました。

お腹を壊していたりものすごく痛い訳ではないみたいで一安心。

昔なら「お腹も壊していないし熱も出ていないから学校は行っておいで。途中で体調が悪くなったら先生に言うのよ。」って言われてたと思うんですけどこの時期だし学校に行かせて良いものかと。

最近の学校や周りの雰囲気からすると「疑わしいなら休ませる」という傾向にありますよね。

遠足や学校外に行く時などは「無理をして登校して辛い思いをしないように各家庭で判断しましょう」とお話があったりします。

昔は「とりあえず頑張って行ってみましょう。」だったかなあ。

昔は体調が悪いと親に訴えると体温計を渡されて熱が無ければ行かされたし学校もそう簡単には保健室や早退なんてさせてもらえませんでしたよね。

今は、速攻で電話が掛かってきます。

中学生になると今度は受験のためにあまり欠席する事のないようにと指導されるのですが、やっぱり問題を恐れてか、何かあるとすぐに電話が掛かってきます。

「部活中に足を傷めたみたいなんですが迎えに来てください。」と。もうよっぽどの事やなと思って迎えに行ったら子供は「大丈夫って言ったんだけど。」と照れてました。

車で行ったけど全然大丈夫そうだったので自転車で帰らせました。

学校の先生も色々大変でしょうが親は連絡があると心臓が締め付けられる思いなのに、ちょっと連絡してくるレベルが軽いなあ。

初心者でもLINEスタンプが欲しいんです。

わたしもそろそろスタンプ欲しいなぁと思っています。年末にスマホに替えて慣れだした近頃ですが、少し不満があるんです。それはLINEのスタンプです。まだ初期から使えるものだけを使っていることです。最初はそのスタンプ自体も使い方が分からなかったのですが。離れて住む弟と食事をする機会があったときに聞いてちょっと理解できました。知ってる方からするとわたしの悩みなんて苦笑いでしょうね。でも初心者は細かいところでつまずくんです。かわいそうに思ったのか、1つスタンプをくれました。ドラマ「ドクターX」の大門未知子のやつでした。

けっこう流行りものを取り入れているなぁ。最近もやりとりしていたら、今度はドラマ「科捜研の女」の沢口靖子さんのキャラでした。またうまい具合に文章の後に「ありがとう」のスタンプで、わたしもこんな風にやりとりで使いたい~と思ってしまいました。今気に入っているのは、お笑いのブルゾンちえみさんのスタンプみたいです。それにしてもなぜ女性のキャラのスタンプなのでしょうね。なんかいいスタンプないかな、そういえば木村拓哉さんのスタンプが最近出来たとTVで聞いた気が。それにしようかな、ただ自分でスタンプを取るやり方が分かっていません。スマホのプレイストアからダウンロードしたらいいのかな。考えながらやると時間が掛かるので、まずネットで調べてからやろうと思います。きっとこんなのも知っているひとからすれば大したことないのでしょうが、なんせひとつずつに悩みます。

日本海側の先日の大雪に又又太平洋側にも。

先日我が家の日本海側北陸地方で近年にないどか雪で色んな障害が出ました。一番我が家で心配したのは娘と孫がお正月里帰りをしていて帰る前日のどか雪でした。まだ一歳半の孫を連れての帰りなので新幹線は少しの遅れがあるものの動いていましたが途中でのアクシデントが心配でした。新潟の方では立ち往生した電車のニュースを見て又心配でした。いつも多少の雪には慣れてはいるものの小さい子供を連れての動きにはきついものがあります。幼稚園、保育園、小学校、中学校、高校と全てが休校となり、加えてスーパーや店舗まで従業員の出勤が間に合わず休業同然となり大変な思いをした数日でした。

娘と孫は有り難い事に新幹線の遅れもなくスムーズに帰る事が出来安心しました。

いつも雪が降る度日常の生活に支障をきたしたり交通事故や転倒事故など経験しますが、雪が降る事に慣れこれくらいは当たり前という思いがあります。大事故にならないよう冬に備えて防災だけでなく準備が必要だと思います。近年にないどか雪で慣れた雪の備えを考えるきっかけになりました。

ご近所の方の声がけや雪よかしを一緒にすることで色々な考えが聞け子供から年寄りまで怪我なく過ごせる備えを今更ながら考えるべきだと家でも話し合ったどか雪でした。又又の寒波も知恵や備えを持って乗り切りたいものです。

耳鳴りの原因のひとつに髪染めが?

耳鳴りの原因のひとつに何げ無く訴える髪染め

が指摘されておることがあるようです。
それは、ヘアーカラーリングの液の中に配合されて生じる、アニリ

ン色素の誘導体(アニリンを変化させた化学物体)

が体内に入り込むと耳鳴りを発症させるについて

です。
アニリンには毒性があり、髪からスカルプ気持ちへとしみ込

んで出向くことが原因です。アニリンは染料の原料で

すが、最終的に小脳の当事者や眼のインパクトを管理

講じる前庭小脳に蓄積されるということです。それが

耳鳴りや難聴を発症させることがあるようです。
そういえば、以前は「髪染をするとガンになりやす

い」といった情報を耳にしたこともありました。それでも

、最近ではほとんど忘れていることが多かったです

。鏡の中に感じる白髪を見ているとそれどころではな

いように感じて、「すぐにでも染めてしまいたい」

という女ごころを優先させてしまう。
妨害にこういうアニリンは一度体内に入ると排出

されにくいカテゴリーがあるということです。白髪染めを

繰り返すほど、アニリン色素による作用が著しくな

ってくると当てはまるみたいですね。
ただし、これは体質的な存在もあり、必ずしも耳鳴

りを引き起こすことでもなさそうです。アニリントーン

素と自分の慣習がどう反応するかを見極めて、耳鳴

りを予防するためにも髪染めには慎重になった側

がよさそうです。
方策としては化学物体を遠退けるためにも自然の染料

、ヘナによる髪染めがいいといわれているようです

乗り切った看護師さんのエネルギー

女社会の職場のひとつに、看護師がありますね。この社会もいろいろな意味、かなりストレスが溜まると言われている職場です。患者さんの死活に関わる職業だけに、医療現場というものは緊張感や責任感も並以上のものと察します。

そんなシビアな環境下、看護師さんにも派遣での雇用形態があることもまた見聞きします。

この派遣看護師という働き方がまた、いちだんとハードさを伴うとのことでした。やはり派遣雇用=使う側にとっては都合のいい人間、ということが災いするようですね。常勤の看護師さんより何かと「頼みやすい」立場になるようです。結果、その場限りだからという文句でハードなことを頼まれがちになったり、うまく立ち回らないと介護士さんに使われる立場になってしまうこともあるようです。

やはり派遣という雇用形態は、気分転換として適度に別のところでプラスアルファとして働く程度にとどめておくのがいいようですね。ケガ病気といった傷病関係の保障をはじめ、何かにつけて保障のない働き方がいかにリスクが高いかは、看護師さんも同じだと分かります。

しかしながら、大半の人々にとって稼ぎづらい、このような時代のこと。「常勤になりたくても、もうこういう派遣のお仕事しか残っていない」というお声もあるのも事実です。そう考えると、各自に合ったワークスタイルの発掘に尽きるのではないでしょうか。自分で実際にやってみながらの模索に尽きるかもしれません。

今回その単発派遣のお仕事をどうにかうまく組み合わせ、生計を立てるとまではいかなくてもある程度の期間食べていくという意味で乗り切った看護師さんの事例を聞きました。何かと、先人の生のお声というものは力があります。

人のためにある、労働というものの本来の在り方や意味を問い直す時代下、貴重なお声をきくことができよかったです。